MENU

「〇がわかればモヤモヤは晴れる」

2016年1月11日

ぐるぐる天国通信187
「〇がわかればモヤモヤは晴れる」

 

正月から好天が続いていますね。

 

天気が晴れでも、気持ちは晴れない場合もあ流でしょう。
そういうとき、モヤモヤしている、と言いますね。

 

このモヤモヤ、定義もモヤモヤしています。

調べてみると。

 

【微小な浮遊水滴や湿った微粒子により視程が1km以上、10km未満となっている状態】

 

これが気象庁による靄(もや)の定義だそうです。

 

平たく言えば、近いところは見えるけど、遠くは見えない、という感じですね。

 

一方、霧はどうなのかというと。

 

【微小な浮遊水滴により視程が1km未満の状態】

 

霧の方が視界・見通しが悪いんですね。

 

五里霧中というのは、広範囲に濃い霧が立ち込めている状況で、右も左もわかりません。

 

モヤモヤは、そこまではいかないし、とりあえず見える範囲では何とかなりそう。

しかし、その先がわからない。

 

中途半端に分かる、中途半端にしかわからないというもどかしさがあります。

 

わかるものはわかる、わからないものはわからないという気持ちの決まりがつかないのが、いやですね。

 

たとえば、この方向に進んでいいかどうかと問うと、先が見えていないので確信が持てない。

確信を持つには行ってみて、その先を見る必要がある。

 

行かずにその先を知ることができたらいいですね。

 

それには、先に行って道を知っている人に教えてもらうのが一番。

靄自体は晴れなくても、道が分かることで気持ちはスッキリし、モヤモヤは晴れます。

 

というわけで、〇の答えは、道。
「道がわかればモヤモヤは晴れる」
道を教えてくれる人が誰もいなければ、、、
安心してください、アントニオ猪木の教えがあります。

 

「行けば分かるさ!」

 

これもひとつの道ですね。

 

今日の「〇〇備忘録」でしたっ!
ぐるぐるアップな1日を!

新着記事

ぐるぐる天国通信148「○○の中にいると、上下も前後も左右もわからない」   洗濯をするとします。ずーっと昔は手洗いでしたが、今は洗濯機が洗濯してくれますね。 衣類を投入して、洗剤やら柔軟剤やらを投入して、ボタンを押して、、、 あとは洗

ぐるぐる天国通信149「○○○○は手を出さなければつかめない」   回転寿司というのは人生や経済を考えるのに、ちょうどよいしくみです。 席に座っていると、寿司がお皿に乗って、どんどん流れてきます。好きなものもあれば、そうでないものもありま

ぐるぐる天国通信150「○○は突き詰めると3種類」   このフェイスブックも含めて、毎日たくさんの情報に接しますね。情報化社会の「化」はもういらなくて、情報社会ですね。 この「情報」、実は突き詰めると、作り方は3種類しかありません。

人気記事

この記事の関連記事

ぐるぐる天国通信172「図解には○○が必要です」   JR・私鉄・地下鉄・バスなどの路線図、よく目にすると思います。 東京の人は、大阪の路線図を見ても、さっぱりわかりません。その逆もそうですね。   東京の人でも、電車・バスに乗ら

ぐるぐる天国通信171「口で言ってわからなければ、○○する」   同じ事柄について、同じものを見て、同じ言葉を使って、同じ目的意識で話していていも。 全然、話が通じない、かみ合わない、ということがないでしょうか?   知らない人同

ぐるぐる天国通信185「〇〇だけの理由がある」   10年以上前のことですが、某外国のビジネスマン達と事業戦略を練るミーティングがありました。   で、その中の1人が、「日本の皆さん、聞いてくれ」と言うのです。   「何バカなこと言


最新記事

アーカイブ

2018

お知らせ

小規模事業者持続化補助金、
平成27年度補正予算が成立次第、公募が開始されます。
それからでは間に合いません、ご希望の方はお早めにご相談ください!

会社情報

こんにちは(ご挨拶)

取締役社長 西原 弘

電話番号

03-6804-4861

所在地

〒156ー0052
東京都世田谷区経堂1-19-7-510

小田急線経堂駅徒歩1分


© 2019 中小企業のための「ひとりシンクタンク」 有限会社サステイナブル・デザイン研究所 All rights reserved.