MENU

「○○の中にいると、上下も前後も左右もわからない」

2015年12月3日

ぐるぐる天国通信148
「○○の中にいると、上下も前後も左右もわからない」

 

洗濯をするとします。
ずーっと昔は手洗いでしたが、今は洗濯機が洗濯してくれますね。


衣類を投入して、洗剤やら柔軟剤やらを投入して、ボタンを押して、、、

あとは洗濯機任せで、汚れた衣類をきれいにする、という目標が達成されます。


こんな風に、組織の目標管理ができたらいいんですが、なかなかそうはいきませんね。


ISOなどのマネジメントシステムは、PDCAサイクルを回すとうまくいく、

という話になっていますが、、、

 

じつのところ、うまくいっている組織はあまり見かけません。

 

むしろ、内心やめたくてしかたがない、苦痛になっていることの方が多いようです。

 

なぜそうなってしまうかというと、、、

 

自分が洗濯機の中に入ってしまっているから。

入ってしまったら、ぐるぐる回るけど、

その「うずの中」から、その「うず」についての客観的な現状把握や評価はできません。

どうしたら抜け出せるのかもわかりません。

 

洗濯機を使うように、ISOとかPDCAとかを使うことができれば、うまく回るし役にも立ちます。

 

というわけで、○○の答えは、うず。
「うずの中にいると、上下も前後も左右もわからない」
なので、いっぺん、うずの外に出てみましょう。

ほんとは、それが審査人の仕事なんですが、審査人もうずの中だったりしてね。。。

 

「今日の○○備忘録」、でした!

新着記事

ぐるぐる天国通信149「○○○○は手を出さなければつかめない」   回転寿司というのは人生や経済を考えるのに、ちょうどよいしくみです。 席に座っていると、寿司がお皿に乗って、どんどん流れてきます。好きなものもあれば、そうでないものもありま

ぐるぐる天国通信150「○○は突き詰めると3種類」   このフェイスブックも含めて、毎日たくさんの情報に接しますね。情報化社会の「化」はもういらなくて、情報社会ですね。 この「情報」、実は突き詰めると、作り方は3種類しかありません。

「1年の計は○○にあり」

◇2015年12月6日◇

ぐるぐる天国通信151「1年の計は○○にあり」   1年の計画は、その始まりによく考えよ、ということで、1年の計は元旦にあり、と言いますね。 中国の古典には、1年の計は春にあり、という言葉があるそうです。   しかし、1年が始まっ

人気記事

この記事の関連記事

おはようございます。 ぐるぐる天国通信181 「○○○は、つもる」   正月は晴れて暖かい日が続きましたが、 冬は冬、今日から寒くなるようですね。   さて、仕事始め初日、2日目、 まだフル稼働ではないかもしれません。   でも

ぐるぐる天国通信170「○○?は1回では足りない」   ドリルを買い求める客は、ドリルがほしいのではなくて、穴がほしいんだ、という話があります。 もう50年近く前のマーケティングの古典的格言です。なるほど、一理あり。   でも、私が思

おはようございます。 ぐるぐる天国通信184 「○○が同じだと話が早い」   年明け第1週は、 同じビジネスコミュニティに 属する方々との 会合が続いています。   たまたま人が集まっているだけなら それは群衆。   継続的


最新記事

アーカイブ

2019

お知らせ

小規模事業者持続化補助金、
平成27年度補正予算が成立次第、公募が開始されます。
それからでは間に合いません、ご希望の方はお早めにご相談ください!

会社情報

こんにちは(ご挨拶)

取締役社長 西原 弘

電話番号

03-6804-4861

所在地

〒156ー0052
東京都世田谷区経堂1-19-7-510

小田急線経堂駅徒歩1分


© 2019 中小企業のための「ひとりシンクタンク」 有限会社サステイナブル・デザイン研究所 All rights reserved.